上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 珍豊臣秀頼
※100万人の信長の野望、大坂城七将星(コレクション104)の後藤又兵衛がいなくて秀頼が獲れていない為、信長の野望革新PK版より。後藤基次はいるんだけど、同一人物だけどはNGらしいw

 秀吉の三男。茶々(淀の第二子)。お嫁さんは千姫(秀忠の娘)
 身長197cm体重161kgの巨漢だったという(なんかのドラマでもかなり大柄の人が演じてました)・・・お相撲さんですねw
 1598年秀吉死去により家督を継ぎ大坂城(秀吉の遺命)へ死ぬ時に残した命令
 1600年関ヶ原の戦いは、東西両軍とも『秀頼公のため』と大義名分を掲げて戦った。(当時7歳)
 徐々に家康に政権のイニシアティブが移っていった(エクセルで折れ線グラフ作って見たけどつまらなかったからボツにしましたw)
 1614年方広寺鐘銘事件をきっかけに大坂冬の陣へと至った。
 方広寺鐘銘事件hok01.jpg
東山方広寺の大仏殿を豊臣秀頼が再建。梵鐘の銘に国家安康(国の政治が正しく安定しているという意)家康の字を切り離した事により家康が激おこプンプン丸。
 ちなみに君臣豊楽の意は豊臣家を君主として繁栄を楽しむとの事。
 鐘の銘を見つけたのは、林羅山
 大坂冬の陣豊臣方は、関ヶ原の戦いで改易された大名や主家が西軍に与して改易されて浪人していた数万の武士が大坂城に入城。
和議は、大坂城の堀を埋める(外堀)という条件として結ばれた。本来、豊臣方が行う堀を埋める作業を徳川方が行い(埋めまくり)、惣構(城下町を守った防御施設)・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は裸城にされてしまう。
 豊臣方は浪人の総追放や国替えを拒否、堀を掘り返したり(洒落じゃないよ)した事で家康は和議が破られたとして戦争の再開を宣言し、大坂夏の陣へ。
 真田丸・・・出丸(本城から張り出した形に築かれた小城(土や石また柵等をめぐらした砦))は真田幸村が平野口の正面・惣構の南東に築き、彼の名字を取った。
 大坂の陣では両軍共に錚々たるメンバーですが、時代もかなり深くなり、有名大名の子供や孫が活躍しているのが配置図を見ると分かります。真田丸メインの大坂の陣
大坂の陣の配置図(Wiki参照)から拝借してきましたが全貌が大きすぎる為、真田丸メインで載せました。
 真田信繁:真田幸村、信繁は本名。
 榊原康勝:榊原康政の三男
 井伊直孝:井伊直政の次男
 松平忠直:結城秀康の長男
 脇坂安元:脇坂安治の次男

関ヶ原の戦いか大坂の陣が戦国時代の終焉なのか、信長の野望的には信長が生きていない時代だが、ゲーム的には、隠しシナリオで大坂の陣(徳川家の圧倒的勢力図でスタートしますw)まである。
 秀頼生存説(真田幸村が秀頼を兵庫の浦から海路薩摩へ逃がした)などがあるが、ロマンがあって大変結構だと思う。流行したわらべ歌に「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり加護島(鹿児島)へ」があり、私も小学校の頃、よく歌いました。
 だから薩摩隼人が付いてるわけでは無いが・・・。
 【個人的主観】小牧長久手の戦いで争った家康の私怨(人質等もあった)と天下を獲る野望が豊臣家断絶を決めたのではないか・・・そもそも、古くは織田信長に嫡男信康を殺され小牧長久手で織田家に与するのも天下を獲る為、織田信長の仇討ち、清州会議から賤ヶ岳で織田家重臣筆頭と鰻登りの秀吉を抑える為。関ヶ原の合戦後は家康の天下であり1603年征夷大将軍就任、さらに1605年に家康が将軍職を辞し、秀忠が新将軍となり、徳川幕府(武家政権)の地位を確固たるものとさせた(会社組織みたいですね)。豊臣家は完全に一大名となった。1614年の方広寺鐘銘事件はこじつけで攻める理由を作ったとしか言いようがない。やはり、どうしても家康は好きになれない・・・(天下の獲り方は秀吉と似ているが)。時代の勝者が歴史を創ると常々思う・・・確認しようがないモノがたくさんあるから。
 【大坂城の攻め方】家康が秀吉のご機嫌伺いに大坂城を訪れた時のこと、秀吉が「攝津一国の武士を集めて、この城に立て篭もれば日本中の軍勢を相手にしても落せない」と言ったところ、家康は「殿下(秀吉のこと)ならばどうでしょうか」と言った。すると秀吉は「わしが攻めれば話しは別だ。一度和睦して、もう一度攻めて落すだろう」と答えたという。 
注)秀吉は城攻めの名手(実に素敵な響きだ!)
                       【誉豊臣秀頼】
 素材猫としてのステータス、そのまま使うような猫では無いのは重々、承知で育てた秀頼
 誉秀頼
 ※猫かわいがりLV4でも十分な気が・・・NPに余裕があったらあげますw
秀頼の策ww
 ちなみに通常時の術の被ダメは、逆山勘
 正直、淀と秀吉で組ませたかったんですが、稀お市との特技相性が良かった。慈母が無いと出せないレベルだと思った・・・w稀お市と組まして出すなら五徳でも良かったのかもしれないw
 デッキ組んでて、伝令持ちが三人も戦場に出てた時は、特技構成、本気で考えたw
大坂の陣デッキ
 出来心でこんなモノを作ってしまった・・・後藤又兵衛のグラがもう少しよければ使ったんだけどなぁ・・・



 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitahaci.blog.fc2.com/tb.php/6-fe547626
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。